BBクリームの魅力と使い分け

BBクリームの魅力と使い分け

私は、3年ほど前からBBクリームを使用しています。

 

最初は化粧の下地として使っていました。

 

以前はスキンケアの後、ベースメイクをする時には、化粧下地をつけ赤みを消すためのコントロールカラーとニキビ跡を隠すためにコンシーラーをつけ、ファンデーションを最後に重ねていました。

 

しかし、妊娠、出産を機に簡単に早くメイクを済ませるようになり、BBクリームを使うようになりました。

 

BBクリームがたくさん出回るようになってから、使っている友人からもすすめられたこともあり、使ってみることにしました。

 

BBクリームの魅力は一本ですべてカバーしてくれるところにあります。

 

ですが、私の肌質からテカリが少し気になるので、ちょっと出かけるときやオフィスでの仕事の時はBBクリームをつけた後にフェイスパウダーを軽くつけるのみにしています。

 

BBクリームのランキング http://www.agenziaintegrazione.org/

 

休日や遊びのお出かけの時は、BBクリームを化粧下地にしてパウダーファンデーションを重ねたりしています。

 

外出先やその時の状況によって、うまく使い分けるようにしています。

 

今は、たくさんのBBクリームが出ているので、まだ私も自分に合うものを探している途中です。

 

口コミを参考にしたり、実際に色々と試してみて、いいものを見つけたいと思っています。

 

ずっとBBクリーム愛用者です

 

本当は、テレビで特集されているような真似メイクとか小顔メイクをしてみたい!と思っている部分もありますが、とにかく時間がありません。

 

鏡の前に座って、真似したい芸能人を思い浮かべる前に、背後から子供が飛び掛ってきます。

 

そんな私のメイクは、BBクリームにお任せするようになって早5年。

 

この便利さは、一度知ってしまうと離れがたい魅力がありますね。

 

しかも、ここ数年は特にBBクリームの使用感が抜群に良くなっています。

 

 

 

BBクリームが流行り始めた頃は、塗った直後はそれなりの仕上がりだけど、少し時間が経つとヨレたり崩れたりで、長時間の外出やオフィシャルな場で使うのはためらいがある製品も、時々ありました。

 

崩れやすいのは、私の肌がオイリー系だからかもしれませんが…。

 

その頃に比べると最近のBBクリームの進化はお見事です。

 

伸びが良いのにヨレないっていうのは、よく考えるとすごいことですよね。

 

私のメイクは、カバー力のあるBBクリームだけでほぼ終了です。

 

あとは粉をはたいて、眉を書くだけです。

 

それだけで十分「キチンと感」が出るし、毛穴がちゃんとカバーできるので、透明感も得られています。

 

ちょっと気になっているのは、美容液成分が多めに入っているBBクリーム。

 

まだ使ったことがありませんが、パックする時間も無い生活なので、メイクと同時に肌ケアもしたいです。

 

今使っているBBクリームがなくなったら、次はちょっと奮発して買ってみる予定です。